【DQR】ミッドレンジテリーのデッキレシピと評価【ドラクエライバルズ】


編集者:

リセマラ&最強カード徹底解説!
▶リセマラランキングはこちら
▶最強カードランキングはこちら

この記事では、ドラゴンクエストライバルズ(DQR)のミッドレンジテリーデッキのデッキレシピの例とその使い方について紹介しています。デッキ構築の参考にお役立てください。

ミッドレンジテリーのデッキレシピ

デッキ基本情報

戦士
評価点:95 / 100
コスト:13,480
難易度:3 / 10
コード:発行
ユニット特技武器
17枚9枚4枚
最強デッキランキングはこちら

レシピ表

カード名MPスタッツ枚数
ユニット(11種類)
ナスビナーラ22 / 31
イエローシックル21 / 42
はぐれメタル32 / 22
ジャガーメイジ33 / 31
シールドオーガ44 / 42
たてまじん43 / 62
サイレス44 / 31
しにがみきぞく54 / 52
アンルシア55 / 41
からくりしょうぐん65 / 52
シドー95 / 51
特技(5種類)
はやぶさ斬り1-2
剣を求めて1-2
やいばくだき2-2
剣の手入れ3-2
ジゴスパーク6-1
武器(2種類)
きせきのつるぎ43 / 22
雷鳴の剣75 / 22
ミッドレンジテリーのデッキコードを発行

ミッドレンジテリーのデッキ解説

武器により盤面の有利が取れる

きせきのつるぎはがねのつるぎ

武器カードを多く採用することで、自軍の盤面のユニットを消費することなく敵のユニット倒すことができます。

敵ユニットは武器カードで処理し、盤面に残ったユニットで敵リーダーのHPを削っていくのが、理想的な戦い方です。
加えて、このデッキでは、自身のHPが15以下で効果を発揮するカードを採用しているので、自身のHPが減ることがメリットになる場合もあります。

特技による除去手段が豊富

やいばくだきはやぶさ斬り

テリーの特技には、様々なタイプの除去が存在するため、敵のユニットに合わせた除去方法が選択できるのが、強みとなっています。

例えば「はやぶさ斬り」であれば、1コストで「はぐれメタル」を処理が可能であり、それ以外でも1コス2ダメージですので、腐ることはありません。

やいばくだき」も相手を削りつつ攻撃を下げるので、味方ユニットの体力を削る事無く相手ユニットを処理できます。
ですので「ガチャコッコ」等のにおうだちを持つユニットの処理に効果的です。

ミッドレンジテリーデッキ勝利の方程式

序盤は押し切られないように耐えよう

ナスビナーライエローシックル

序盤は武器カードや「ナスビナーラ」や「イエローシックル」等のユニットを使って、盤面では負けないように気をつけましょう。
はがねのつるぎ」か特技を引けていれば比較的簡単に盤面の有利が取れるはずです。

また、後攻の場合であれば「ナスビーラ」とテンションスキルを組み合わせて貫通を利用した除去ができるので、積極的に狙っていきましょう。

中盤には守りから攻めへ

シールドオーガしにがみきぞく

武器で敵ユニットを倒しつつ、守り気味に戦っていればお互いのHPが10~20くらいの間に収まっているはずですので、そこから「しにがみきぞく」や「シールドオーガ」等のHPが15以下で効果を発揮するユニット達で一気に攻めます。

この時点で押し切れそうなら、武器やテンションスキルを使い相手のHPを削っていき、圧力を掛けていきましょう。
この段階のユニットに対し、テリー自身で除去を行っていくとHPが削れすぎてしまうことがあるので、注意が必要です。

終盤は全体除去と雷鳴の剣でフィニッシュ

ジゴスパーク雷鳴の剣

このデッキは中盤~終盤で決め切らないと、その後に強いコントロール等のデッキに対しては勝つことができなくなってしまいます。

そこで「雷鳴の剣」でフィニッシュを決めるために必要な、相手のウォールやにおうだちを崩すための「シドー」や「ジゴスパーク」を採用しました。
前述の二枚のカードはレジェンドカードの「グラコス」等の盤面を埋めてリーダーを守るカードに対して効果的です。

デッキ入替え候補となるカード

[からくりしょうぐんと入替]アトラス

アトラス

アトラスは攻撃時に、リーダーの攻撃力を自身の攻撃力に加算するカードです。
雷鳴の剣」やテンションスキルと非常に相性が良く、場に残ってさえしまえば、攻撃力が10を超えることも珍しくありません。

また、素の攻撃力が4と「アンルシア」の効果対象から逸れているのも、非常に強力な点でしょう。

[2コス入替]メタッピー

メタッピー

メタッピーは、テンションリンクにより、テリーが受けるダメージを3軽減してくれます。

ですが、一応このデッキではデッキの特徴にも書かせていただいたとおり、HPが減ることが一概にデメリットとは言えないため、環境に合わせて、序盤がきつすぎる場合の入替えカードとして考えるのが良いでしょう。

関連記事一覧

ランキング

最強デッキリセマラ最強リーダー最強カード
全カード一覧

職業別カード一覧

共通戦士武闘家僧侶
魔法使い魔剣士商人占い師

種族別カード一覧

スライム系ドラゴン系ゾンビ系冒険者
ホームへ戻る

書き込む

画像をアップする
×

コメント

  1. 1 名無しさん

    なんで前環境の内容なの?

    2019年1月8日 13:38