【逆転裁判1】2-2「逆転姉妹」2日目・法廷【逆転裁判123】


編集者:

この記事では、逆転裁判1 蘇る逆転の2話「逆転姉妹」2日目・法廷パートの攻略情報を記載しています。攻略に行き詰まった時などにご活用下さい。

前のチャート次のチャート
2話1日目・探偵2話2日目・探偵

最短チャート

1イトノコ刑事の証言を聞き、ゆさぶりをかける
2再度イトノコ刑事の証言を聞き、証拠をつきつける
3梅世の証言を聞き、ゆさぶりをかける
4梅世の証言に証拠品をつきつける(分岐あり)
5坂東ホテルのボーイの証言を聞く

証拠品一覧

証拠品内容
置物凶器。ほんとは時計だが、どう見ても置物。

友人・矢張が作った。

ガラスの破片ガラスの電気スタンドが壊れたもの。

コナゴナになっている。

領収書血文字が書かれている。

裏面はデパートの領収書のようだ。

真宵のメモ’’あたしの携帯電話には、お姉ちゃんと話したことが、

録音されています’’

解剖記録死亡時刻は、9月5日の午後9時。

鈍器で一回殴られて即死。

真宵の携帯電話所長と真宵の会話が録音されている。

調べるで会話を聞くことが出来る。

盗聴器梅世の部屋から見つかったもの。
上面図現場・綾里法律事務所の上面図。

調べるで詳細を見ることができる。

イトノコ刑事の証言

~綾里真宵を逮捕した理由~

証言内容

自分は、電話の通報で事件を知り、現場へかけつけたッス!
現場には、2人の人物がいたッス。
被告人の綾里 真宵と、弁護人、成歩堂 龍一。
自分は迷わず、綾里 真宵を逮捕したッス!
その理由は! 通報者の目撃証言があったからッス!
その通報者は、綾里 真宵の犯行の瞬間を見ていたッス!

探偵パートで坂東ホテルを調べた時、「ホテルから法律事務所までは遠く、人の顔を区別できない距離にある」ことが分かっていました。通報者である梅世の通報は本当に正しかったんでしょうか?

正解の選択肢まとめ

尋問の答え

1

「その理由は~」を選択し、ゆさぶる

~動かぬ証拠~

証言内容

容疑者をカクホした自分は、次に、この目で現場を調べたッス。
そして死体のそばで、メモを見つけたッス!
あきらかに血で“マヨイ”と書いてあったッス!
化学分析の結果、この血は被害者のものに間違いないッス!
そして、被害者の指には血がついていたッス!
被害者は死ぬ前に、犯人の名前を書き残したッス!

イトノコ刑事は「チヒロが死ぬ前に犯人の名前を書き残した」と自信満々に語っていますが、この証言の中にもウソが混じっているはずです。

一度逆に考えてみましょう。「被害者が血文字を書いていないとしたら?」この主張を裏付ける証拠品はあるのでしょうか?

証拠品一覧
証拠品内容
置物凶器。ほんとは時計だが、どう見ても置物。

友人・矢張が作った。

ガラスの破片ガラスの電気スタンドが壊れたもの。

コナゴナになっている。

領収書血文字が書かれている。

裏面はデパートの領収書のようだ。

真宵のメモ’’あたしの携帯電話には、お姉ちゃんと話したことが、

録音されています’’

解剖記録死亡時刻は、9月5日の午後9時。

鈍器で一回殴られて即死。

真宵の携帯電話所長と真宵の会話が録音されている。

調べるで会話を聞くことが出来る。

盗聴器梅世の部屋から見つかったもの。
上面図現場・綾里法律事務所の上面図。

調べるで詳細を見ることができる。

正解の選択肢まとめ

尋問の答え

1

「被害者は死ぬ前に~」を選択

2解剖記録をつきつける
選択肢答え
解剖記録はいつ手に入れたものかな?どれでもOK
何か言いたいことでも?どれでもOK

→解剖記録の内容が変化

松竹梅世の証言

~事件当日の夜、目撃したこと~

証言内容

あれは、夜の9時ごろでしたぁ。梅世、窓を見たんです。
そうしたら! 長い髪の女の人がお、おそわれてるじゃないですか!
おそっているのは、もちろん被告席のちっちゃい子よぉ!
女の人は、攻撃をかわして逃げたんですぅ。
あの子は、それを追いかけてトドメを‥‥!女の人は…ああ!女の人はそれで…ぐったりと…なっちゃって。…以上。梅世が見たのはそ・れ・だ・け。

証言だけ見ると、梅世が真宵を見たのは間違い無さそうです。

ただし、この女性は間違いなく怪しい!本当に正しい証言をしているのか、ゆさぶりをかけてみましょう。

正解の選択肢まとめ

尋問の答え

1

裁判官の「どうしますか?」の問いにどちらかの選択肢で答える

※どれでもOK

2

「おそっているのは、もちろん~」を選択してゆさぶる

選択肢答え
そうだなあ……どれでもOK
梅世さん…あなたはどれでもOK

~事件の当夜、目撃したこと~

証言内容

梅世、ちゃんと細かいところまで見てたんだからぁ!
被害者の女の人、最初の攻撃をかわして、右に向かって逃げたの。
そしたら、和服の女の子が追いかけていって‥‥
持っていた凶器でなぐりつけたの!凶器だって、ちゃんと見たわよ!
時計よ時計。‥‥置時計ってやつ?《考える人》の形してたわ!

一つ前の事件にも出てきた「考える人」の形をした時計。梅世は、この置き時計について妙に詳しいようです。

そういえば、以前に誰かがこの時計のことを「置物」と勘違いしていたような…?

正解の選択肢まとめ

尋問の答え

1

「時計よ時計~」を選択する

2

「置物」をつきつける

梅世のウソを暴こう

第1話でも出てきた、置物の時計。この時計の特徴は「首がスイッチになっており、何かの衝撃が加えられた際に時間をアナウンスする」というものでした。

この時計に対し、梅世は「綾里法律事務所に行ったことは無いけれど、(事件発生時)この時計が鳴るのを聞いた」と言っています。

そもそも事件当時、この時計は本当に鳴ったんでしょうか?事件発生前後、時計がどんな状況になっていたのか思い出してみて下さい。

正解の選択肢まとめ
選択肢答え
いいえ!まだです!なぜなら…「鳴ったはずがない」を選択
鳴るはずがない!なぜなら…「機械が入っていない」を選択
証拠品は…「真宵の携帯電話」を選ぶ
これで問題ありませんか?どれでもOK

御剣の反論

機械を抜き取ったのはいつ?

事前に時計の機械が抜き取られていたことを既に知っていた様子のミツルギ検事。

彼の反論は、「梅世が音を聞いた後に犯人が機械を抜き取ったなら、梅世の証言に矛盾はない」というもの。

証拠品の中に「時計の機械が抜かれたタイミング」を証明するものは無かったでしょうか?法廷記録を確認してみましょう。

正解の選択肢まとめ
選択肢答え
証拠品は…「真宵の携帯電話」を選ぶ
これで問題ありませんか?どれでもOK

梅世の反論

梅世は「どこかのお店でこの時計を見た」と言っています。でも、それは本当なんでしょうか?

この時計が「どこにもない」ことを、成歩堂、もといあなたは知っているはずです。

正解の選択肢まとめ

「証人が時計を見たことはなかった」事を示す証拠品

1

「考える人」を選択する

選択肢と分岐

ここから先は、質問の答え方によって進み方が変わります。(使用する証拠品は同じです)

どちらにせよ、やることは同じ!梅世の証言のウソを暴いてやりましょう!

質問

選択肢答え
なぜ時計だと知っていたのか?

それは…

「実際に手に取った」を選択

→質問Aへ

「情報を聞いていた」を選択

→質問Bへ

質問Aの流れ
順番選択肢答え
1なぜ「考える人」が時計だと知っていた?「真宵の携帯電話」を選ぶ
2その会話を知っていた根拠は…?「盗聴器」を選ぶ
質問Bの流れ
順番選択肢答え
1証人が’聞いていた’という証拠を!「盗聴器」を選ぶ
2時計と証言したという証拠「真宵の携帯電話」を選ぶ

トドメを刺そう

勝利を確信する成歩堂。梅世に疑問をぶつけてミツルギをぎゃふんと言わせるチャンスです。

正解の選択肢まとめ
選択肢答え
(トドメを刺すなら、今だ!)どれでもOK
え、ええと…どれでもOK
…どうする?どれでもOK

坂東ホテルのボーイの証言

~梅世のルームサービスについて~

証言内容

ワタクシ、板東ホテルのボーイ長をしております。
あれは、夜の8時すぎでしたか。梅世サマからお電話がありました。
きっかり9時に、アイスコーヒーを持ってきてほしいと。
それでワタクシ、きっかり9時に持っていったしだいでございます。
アイスコーヒーは、間違いなくそのご婦人にお渡しいたしました。

新たに出てきた証人・坂東ホテルのボーイ。一見しっかり仕事をしているように見えますが、何か隠していることは無いでしょうか?

探偵パートを思い出そう

梅世の部屋にあったのは、ワインのボトルと2本のグラス。女性が1人で泊まるのに、グラスを2本も使うんでしょうか…?まだ分かっていない秘密がありそうです。

正解の選択肢まとめ

尋問の答え

1

「あれは、夜の8時すぎでしたか~」を選択し、ゆさぶる

2

「アイスコーヒーは間違いなく~」をゆさぶる

選択肢答え
(トドメを刺すなら、今だ!)どれでもOK
え、ええと…どれでもOK
…どうする?どれでもOK
何を聞けばいい…!どれでもOK

ボーイの新証言

ボーイの証言から、話が急展開に!一気に成歩堂有利へと形勢が逆転しました。

ここまでくれば、もう証拠は充分。素直に自分の読みを突きつけちゃいましょう。

正解の選択肢まとめ
選択肢答え
…その人物とは、梅世といっしょにいた男

梅世の証言書の内容

梅世の証言書「被害者は攻撃をかわし右に向かって逃げたが、追いつかれて殴られた」

関連記事

前のチャート次のチャート
2話1日目・探偵2話2日目・探偵

書き込む

画像をアップする
×