【DQR】ゲームシステムを予想してみた!配置が重要!?【ドラゴンクエストライバルズ】

DQRを飾るさまざまな効果たちを徹底解説
▶カードの効果まとめはこちら

この記事ではドラゴンクエストライバルズ ゲームシステムを予想して行きます。攻略の参考にぜひご利用ください。

ゲームの基本的なシステムは?

①リーダーキャラクター

このゲームではリーダーキャラを選択して戦うことになります。

リーダーキャラにはそれぞれ必殺技があり、キャラクターの横のゲージ(テンションゲージ)が貯まるとキャラクター毎に違う必殺技を放つことができます。

テンションゲージについてはこちら

②現在の状態

HPや残りのデッキの枚数、現在のMP(コスト)等を常に確認し、デッキの残り枚数の確認や、相手からの大ダメージで倒されないようにするHPを維持することが大切です。

③リーダーキャラクターエリア

選択したリーダーキャラクターの立ち位置です。

④バトルエリア

お互いに3x2の6マスにモンスターやキャラクターを展開して戦います。

6マスのどこに誰を配置するのかが勝負のカギとなるでしょう。

⑤現在の手札

現在の手札の枚数です。現状ではまだ手札の上限枚数などは判明していませんが、おそらく7か8枚が上限になると思われます。

カードの持つ効果について

味方を敵から守るキャラ

このスライムつむりのように枠が城壁のようになっているキャラクターは、「におうだち」という効果を持ちます。

におうだちを持つユニットがバトルエリアの前列にいる限り、味方リーダーや他のキャラクターへの攻撃を不可能にするという効果です。リーダーや他のユニットを攻撃から守りましょう。

召喚時に効果を発動するキャラ

このアンルシアのように枠がハープのようになっているキャラクターは、召喚時効果を持っており、召喚した時にカードに書かれている効果を発動するカードタイプです。

相手の攻撃を無効化

次のターン限定などで、敵の攻撃によるダメージや効果を無効化するキャラクターは強力故に使い所が重要になってくるため、使い所を考える必要があるでしょう。

複数対象へのダメージ

キラーマシンのように縦一列、もしくは敵全て味方も含むすべてのユニットにダメージなどの効果をもつキャラの存在が確認されおり、これらのキャラは敵のプロテクトを崩すカナメになるでしょう。

配置の重要性

6マスを上手く使え!

DQRでは既存のカードゲームと違い、どのカードをいつ出すかだけでなく「どこに配置するか」も重要な戦術になってきます。

前後に並べて後列をブロック

画像のように前後に並べてユニットを配置した場合、後列への攻撃を前列がガードして防ぐシステムとなっています。

横一列並べてリーダーをガード

画像のように、前列、もしくは後列の横一列にユニットを配置した場合、リーダーへの直接攻撃は不可能となるため、擬似的なリーダーブロックとして使うことができます。

ガードへの対抗手段!?

DQR公式PVにわずかだけ登場した竜王の効果に「超貫通」という能力が確認できます。

竜王の「超貫通」はこれらのガードを無視して攻撃できる効果ではないかと予想されます。

配置システムについてはこちらから

リーダーシステム

リーダー毎の特徴

DQRはリーダーシステムを採用しており、既存のリーダーシステムを採用している他ゲームにおいては、リーダーによって勝利へのアプローチ方法が大きく異なります

そしてこの場合、リーダー毎の相性が非常に大きく影響しゲーム前でのリーダ-選択の時点から戦略的勝負を楽しむことができるでしょう。

使えるカードが異なる!?

DQRはリーダーシステムを採用しているため、リーダー毎にデッキに組み込めるカードに違いがある可能性があります。

その場合、リーダー毎にデッキの傾向、戦略等が大きく異なってきます。

リーダーの必殺技について

DQRではリーダー自身にそれぞれ必殺技があり、試合を決定づけることができるくらい強力なものであるでしょう。

リーダーの必殺技一覧はこちらから
おすすめ記事

【超絶おすすめ】無料ゲームアプリランキング!

GameOpera編集部

【DQR】強いカードと弱いカードの見分け方【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】魔剣士(ピサロ)の評価とデッキレシピ一覧【ドラクエライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】星3カード評価一覧【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】カードの効果まとめ【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

書き込む

画像をアップする
×