【DQR】テンションとテンションゲージについて【ドラゴンクエストライバルズ】

DQRを飾るさまざまな効果たちを徹底解説
▶カードの効果まとめはこちら

この記事では、ドラゴンクエストライバルズ(DQR)のシステムである「テンション」と、それに関連する「テンションスキル」「テンションカード」「必殺技」について解説します。

テンションについて

ゲージをためて必殺技!

リーダーの横にあるゲージはテンションゲージと呼ばれるものです。ゲーム中では単にテンションと呼ばれます。ゲージをためることで、テンションスキル必殺技を使うことができるようになります。

ゲージをためる方法は、後述のテンションカード以外は不明です。続報を待ちましょう。

下げられることもある

一部カードによって、リーダーのテンションが下がることもあるようです。実用性はともかくとして、使われると面倒なカードになりそうです。

テンションカード

テンションゲージを効率よく上昇

1ターンに1度、テンションカードを使うことでテンションゲージを1段階アップさせることができます。

テンションカードは手札とは別にセットされているので、デッキを特別なものにしなくとも誰でも使えます。

余ったMPをテンションに変換

テンションカードを使用するにはMPを1消費します。カードを使う上で余ったMPを1ターンに1だけテンションゲージに変換できるシステムと見ることができますね。

特に序盤(いわゆる手札事故)などで思うようにMPを使えない手札でも、MPが無駄になりにくいという点もあります。

テンションスキル

ゲージを3段階溜めて発動!

テンションを上げることで、テンションスキルを使用できるようになります。各リーダーそれぞれ異なるスキルを使用するので、リーダーが使えるスキルはあらかじめ覚えておきましょう。

たとえばククールのテンションスキル「いやしの波動」は味方全体のHPを3回復します。ククールで回復魔法はピンとこないですが、全体ダメージ系のカードの後に使われると厄介そうです。

使うとゲージがなくなる

テンションスキルを使用すると、ゲージが0になってしまいます。使い時をよく考える必要がありますが、うまくゲージ管理すれば1戦の中で何度も使う機会を作れるかもしれません!

必殺技

テンションMAX時のみ使用可能

ピサロの「進化の秘法」のような必殺技は、テンションがMAXのときのみ使用することができます。それゆえ強力なカードが勢ぞろい!うまく使いこなせば相手に差をつけることができます!

必殺技の一撃に賭けるか、テンションスキルでこまめに有利を築くか…、プレイヤーの腕前が問われるシステムですね!

各リーダーの必殺技一覧はこちら

テンションリンク

テンションが上がると一緒に発動!

テンションリンクは、テンションが上がることによって何らかの恩恵をもたらす効果です。

テンション満タンではテンションを上げることができないので、テンションリンクを活かしたデッキを使うとなると、他のデッキ以上にテンションの管理が重要となりますね。自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか!

テンションカードもアドバンテージに化ける!?

テンションリンクを活かせる状況であれば、テンションカードさえも威力を発揮する可能性があります。

たった1MPで大きな成果を挙げるポテンシャルに目が離せませんよ!

おすすめ記事

【DQR】よくある質問(FAQ)一覧【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

【超絶おすすめ】無料ゲームアプリランキング!

GameOpera編集部

【DQR】初心者・序盤攻略情報一覧【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】閃光烈火拳のカード評価と使い方【ドラクエライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】ルール解説【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

書き込む

画像をアップする
×