【DQR】ルール解説【ドラゴンクエストライバルズ】

DQRを飾るさまざまな効果たちを徹底解説
▶カードの効果まとめはこちら

この記事では、ドラゴンクエストライバルズ(DQR)を遊ぶためのルールについて解説します。

デッキのルール

持っているカードから自分のデッキを作る

ドラゴンクエストライバルズをプレイするにあたって、まずはデッキを作る必要があります。

デッキとは、プレイヤーが自分の持っているカードのなかから、ゲームで使用する30枚のカードを選抜したものを指します。

デッキを作る時に必要なルール

  • リーダーの職業に合致したカードをデッキに使用する
    (どのリーダーでも使用できるカードも存在する)
  • 過不足なく30枚のカードを使う
    (テンションカード/スキルは枚数にカウントされない)
  • レジェンド(★3)のカードは、それぞれ1枚まで使用できる
  • それ以外のレアリティのカードは、それぞれ2枚まで使用できる
デッキの組み方とコツについてはこちら

バトル中のルール

先攻後攻を決める

ドラゴンクエストライバルズでは、2人のプレイヤーのターンが交互に行われます。最初にどちらがターンを始めるかはランダム(コイントス)に決められます。

先攻か後攻かによって、ゲーム開始時の状態が一部異なります。

ゲーム開始時の状態

共通
  • 初期HPは25
  • 初期MPは1、ターン経過ごとに最大MPが1ずつ上昇する
先攻後攻
  • 初期手札は3枚
  • 初期テンションは0
  • 初期手札は4枚
  • 初期テンションは2
先攻後攻の違いと有利不利についてはこちら

手札交換をする

先攻後攻ともに最初の手札を見て、1度だけ任意の枚数を引き直す(交換する)ことができます。コストが高いカードなど序盤に必要でないカードは、交換に出してしまいましょう。

あくまで引き直しなので、交換に出したカードと同じカードを引く可能性もあります。お互いに手札を交換したら、先攻プレイヤーの第1ターンに移ります。

各ターンのルール

ターンの始め

各ターンの始めに、そのターンのプレイヤーは…

  • デッキからカードを1枚引きます。
  • 最大MPが+1されます(最大10)。
  • MPが最大MPまで回復します。

自分のターンにできること

自分のターンの間は、次のことを(コストがある限り)好きな順番で好きなだけすることができます。しなくてもいいです。

  • 手札からユニット・特技・武器カードを使用する
  • テンションカードを使用する
  • テンションスキルを使用する
  • ユニットで攻撃する
  • リーダーで攻撃する

手札からユニット・特技・武器カードを使用する

手札からカードを使用する際は、カードの左上に書かれているコストと同じだけMPを消費して使用します。MPを用意できない場合は、使用することができません。

ユニットカードは使用すると場に出て、武器カードは使用するとリーダーが装備します。特技カードは使用すると効果を発揮し、墓地に置かれます。

カードタイプについてはこちら

テンションカードを使用する

1ターンに1回、テンションカード(1コスト)を使用して味方リーダーのテンションを1段階上げることができます。

テンションカードは手札とは別に管理されており、MP以外に消費するものはありません。MPが余っている場合は、積極的に使いましょう

テンションスキルを使用する

テンションが3段階溜まっている場合、テンションカードがテンションスキルに差し変わります。このときに、各リーダー専用のテンションスキルを発動させることができます。

テンションスキルはMPを必要としません(0コスト)。テンションスキルを使用すると、テンションは0に戻ります

ユニットで攻撃する

自分の場にいるユニットを、敵に向かって攻撃させることができます。基本的にマス目関係なくどのユニットへも攻撃できますが、相手の攻撃対象を制限させる効果や配置があります。

配置システムについてはこちら

ユニットは、出したターン中は攻撃することができません。ただし、速攻を持ったユニットは出したターンから攻撃をすることができます。

リーダーで攻撃する

リーダーが武器カードを装備している場合、リーダーで攻撃することができます。

リーダーは、武器カードを装備したばかりのターンでも攻撃をすることができます

ゲーム終了の条件

どちらかのライフが0になると終了

どちらかのリーダーのライフが0になると、そのプレイヤーの負けとなります。

カードが引けなくなると…

山札が0枚になっても、即座に敗北ということにはなりません。それ以上カードを引くことができなくなりカードを引くかわりにリーダーへ1ダメージが与えられます。

なので、たくさんカードを引くデッキは、ゲームが伸びすぎると大変なことになってしまいます。しかしまさか、ミミックがこんなところで出てくるとは…。

おすすめ記事

【超絶おすすめ】無料ゲームアプリランキング!

GameOpera編集部

【DQR】先攻後攻の違いと有利不利について【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】全カード評価一覧【ドラクエライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】共通カード一覧【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

【DQR】奇数ミネアデッキのデッキレシピと評価【ドラゴンクエストライバルズ】

GameOpera編集部

書き込む

画像をアップする
×