【シャドウバース】ケリドウェンの最新評価

ケリドウェンの評価

シャドウバースのケリドウェンの評価をお伝えしています。カードの主な使われ方や採用されるデッキ、対策なども紹介しています。デッキ構築の参考にどうぞ。

ケリドウェンの基本情報

カード情報

ケリドウェンケリドウェン2
進化前進化後
  • なし
  • 進化時 このバトル中に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーをランダムに1枚選び、それと同名のフォロワーを場に出す。

基本情報

クラスネクロマンサー
カードの種類フォロワー
タイプ
レアリティゴールドレア
入手方法

ケリドウェンの評価

評価点数

総合点32/50
2PICK2/5
ステータス9/15
軽さ3/5
爆発力9/10
入手難易度2/5
使い勝手の良さ7/10

特徴

ダークネス・エボルヴ先行公開カードの1枚

シャドウバースのカードパック第2弾「ダークネス・エボルヴ」での先行公開となったカードです。5PPで5/4という、それなりのステータスを誇る優秀なフォロワーです。EPがなくとも十分に戦えるのはいいですね。

擬似的に死体発掘を行う、まさに「屍術師」

はたしてその真価は進化時の能力にあり、「このゲーム中に破壊された自分のフォロワーを場に出す」という能力です。まるで墓地からフォロワーが復活するかのようで、カードゲーム用語でいうところの「リアニメイト」のような動きができます。

(参考: ファンファーレ能力は「手札からPPを支払って場に出たとき」に発動するので、ケリドウェンの効果によって場に出たフォロワーのファンファーレ能力は発動しません。)

“相方”次第で輝くカード

おそらく誰もが真っ先に思い浮かんだであろう相方はデュエリスト・モルディカイでしょう。8PP~9PPでモルディカイ→ウルズ→ケリドウェン進化であっという間にモルディカイが3体、地獄絵図です!

他のカード依存となるフォロワーではありますが、カードプールの変遷によって強力なカードが増えればそれだけ価値も上がるという、ポテンシャルの高いカードだと言えます!

ケリドウェンの使い道

採用されるデッキ

コントロールネクロ

同じ5PPには強力なフォロワーであるケルベロスが控えているので即採用とはいきにくいですが、カードプールによっては採用の価値が十分にあります。

アグロネクロ

アグロネクロでも、単純に頭数を増やす目的での採用がありえます。ラビットネクロマンサーなどのラストワード能力を再度活かせるという点で、ウルズのような使い方ができます。

2pickでの役割

ネクロマンサーのゴールドレアは激戦区で、死の祝福、ファントムハウル、腐の嵐、デュエリスト・モルディカイといったカードとの競合になります。決して選択肢外のカードとはいえませんが、分が悪いでしょう。

EPを使う都合上、悪戯なネクロマンサーとの併用が少し難しいです。あちらも強力なカードなので、デッキに両方入った場合はEPの使いみちをよく考えてプレイしましょう。

ケリドウェンへの対策

相手のキーカードを対処できるかが肝

ケリドウェンを封殺するには、相手のキーカードの対処を破壊以外できっちり行う必要があります。エルフは手札に戻す、ウィッチはゴーレムやスノーマンに変身させる、ビショップは消滅させる…などなど。

どうしようもないクラスもありますが、仕方ないと考えましょう。そもそも先に挙げた3クラスでも対処しきれないことはありますし、だからといってそれが負けに直結することもなかなかない話です。

EPがなければ能力のケアはいらない

また、進化時の能力であるので、EPを使い切るとただのバニラです。ダークエンジェル・オリヴィエでも出てこないかぎりは、もう破壊してしまっても大丈夫ということです。…モルディカイは仕方ないですけど。

おすすめ記事

【パワサカ】「名探偵コナン」コラボシナリオ配信決定!【実況パワフルサッカー】

GameOpera編集部

【パワサカ】「名探偵コナン」コラボシナリオ配信決定!【実況パワフルサッカー】

GameOpera編集部

【ドンキーコング】2-2 お山をダッシュ!ランビ【トロピカルフリーズSwitch】

GameOpera編集部

【ドンキーコング】2-2 お山をダッシュ!ランビ【トロピカルフリーズSwitch】

GameOpera編集部

書き込む

画像をアップする
×