【ロックマン9】ボスの弱点武器・攻略一覧


編集者:

この記事では、ロックマン9のボス攻略情報を記載しています。攻略の参考にお役立て下さい。

各ボスの基本情報

ボス名弱点武器・おすすめ武器ダメージ
マグママントルネードブロー6ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
ホーネットマンマグマバズーカ2ダメージ
マグマバズーカ(チャージ)4ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
ギャラクシーマンコンクリートショット4ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
トルネードマンプラグボール3ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
ジュエルマンブラックホールボム5ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
スプラッシュウーマンホーネットチェイサー4ダメージ
ブルースバスター(チャージ)4ダメージ
プラグマンジュエルサテライト4ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
コンクリートマンレーザートライデント3ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
ワイリーステージ
ステージ1
スパイクシューターズ
トルネードブロー4ダメージ
ブラックホールボム4ダメージ
マグマバズーカ(チャージ)3ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
ステージ2
メガメックシャーク
トルネードブロー4ダメージ
レーザートライデント4ダメージ
ブルースバスター(チャージ)4ダメージ
ステージ3
ツインデビル
ブラックホールボム6ダメージ
ブルースバスター(チャージ)4ダメージ
ステージ4
ワイリーマシン9号[1]
 -(卵を反射させる)
ステージ4
ワイリーマシン9号[2]
 コンクリートショット4ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
ステージ4
ワイリーカプセル6
プラグボール3ダメージ
ブルースバスター(チャージ)3ダメージ
スペシャルステージ
フェイクマンジュエルサテライト3ダメージ

ロックマン史上最難関!?

操作システムが後退

ロックマン9はロックマン2の続編を意識されており、システム面も全面的に回帰しています。

例えば、ロックマンのアクション。4以降に見られるようなスライディングやチャージショットが、今作ではできない仕様になっているのです。

その分特殊武器の使い分けが大切になり、全体的な難易度はシリーズ中1,2を争うとまで言われています。

お馴染みのラスボスは今作も強力!「Dr.ワイリー」


今作のボスキャラは揃ってとても強力ですが、9のラスボスとなるDr.ワイリーは特に難敵です。

攻撃のパターンや消えるタイミングが読みづらいので、翻弄されること必至。

苦戦を強いられてクリアが難しいときは、相手が現れる度にポーズを使い、攻撃するのか消えるのかを見極めるのも手でしょう。

ロックマン9ではブルースが使える!

チャージショットが強力!「ブルース」

2の続編として作られた今作ですが、ただ単に操作性の退化で終わらないのがロックマン。

特殊武器の性能は前作までに比べ、全体的にかなりパワーアップしています。

主人公の入れ替えが可能!

さらにはブルースモードで主人公をブルースにすることで、スライディングチャージショットも使えるのです!チャージショットの威力も中々

4以降のロックマンに慣れ親しんだ人には是非プレイしていただきたいモードです。

ロックマンとブルースの違い

ロックマンブルース
バスター

最大連射

3連射2連射
スライディング
チャージ

ショット

被ダメージ標準ロックマンの二倍以上
のけぞり標準大きい
シールド

  • ジャンプ中に構える
  • 弾いた弾は敵に飛んでいく
初期装備ラッシュコイルブルースコイル

ブルースジェット

シナリオありなし

シールドが使えるが打たれ弱い

ロックマンを標準とした場合のメリットは、スライディングとチャージショットが使えること、攻撃を反射するシールドが使えることです。

その分、ロックマンより受けるダメージが多くのけぞりも大きいという、防御面で心許ない性能となっています。

書き込む

画像をアップする
×